LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 雑記

total 32 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

デザイン基礎の参考リンク集

   ↑  2017/03/27 (月)  カテゴリー: 雑記
最近Notes界隈でもデザインの勉強をされているかたが増えてきているので、
私がデザインの勉強をしていた頃に参考にさせていただいていたサイトさんのうち、
超初歩的なところから説明いただいているサイトさんのリンクを貼ってみます。

超初心者さんでも、上から順番によんでいくとなんとなくわかるようになり、
デザインの基本を素早く抑えることができるようになります。

さらにはパワーポイントでの提案書等など、
資料作成時間も早くなること請け合い。

スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-441.html

2017/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】Bluemixアプリコンテスト

   ↑  2015/04/27 (月)  カテゴリー: 雑記
今年もBluemixアプリコンテストが開催されることが正式に発表されました。
去年は笑顔で親指を立ててる爽やかな某お方がやたら印象的なサイト構成でしたが、
今年はまだ一枚ペラのご案内だけのようです。

IBM Bluemix Challenge 2015
http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/contest/
※詳細は後日とのこと

Bluemixのアプリコンテスト、すなわち
基本的なAPIと今注目の人口知能ワトソンのAPIを組み合わせた
実質的に次世代アプリコンテストとなりますのでNotes技術者以外も要注目です。

といますか、
面白そうなので参加してみたいのですが、
次世代アプリについて面白いアイデアって何かないですかね?

アプリコンテストの詳細は
5/19 の IBM XCITE Spring 2015 で公開されるとのこと。

IBM XCITE Spring 2015
https://ibmxcite.jp/

一般的な技術者としては「まて続報。」というところでしょうか。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-435.html

2015/04/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】テクてくに参加してきました

   ↑  2015/03/12 (木)  カテゴリー: 雑記
まさかいまさら迷うとは(笑)
はい、今回は完全に遅刻しました。

IBMのイノベーションセンターが3月末で閉鎖とのことで、
テクてくが渋谷で行われるのは最終回となります。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-432.html

2015/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】Exchange→Dominoに移行するのは流行するか

   ↑  2014/06/30 (月)  カテゴリー: 雑記
2005年くらいからNotesがレガシーだとか古いからでExchangeに移行したお客様が
2013年くらいからちらほらNotes/Dominoに戻るという話を耳にするようになってきました。

IBMさんは企業様の手前あんまりそういう情報出さないから
Web上ではあまり情報がおちてないんですけどね。

IBMさんのお客さんは銀行とか請け負っていることすら機密なことが多くて
IBMさんがお客さま適用例をその適用会社の名前を出すことはかなりレアなんですが、
逆にMSさんはそうではないみたいでよく会社名付きでWeb上でみかけます。

Exchangeもサービスとして考えたときのシステム設計は悪くはないんですが
Notesがあまりにもなんでもできるので
Domino→Exchange移行プロジェクトは移行後に大炎上するみたいです。
(炎上しなかったプロジェクトの話きかないんですYO)

業務を効率よく昇華すると考えた時に
レガシーも悪くないし
古いのも悪くないといいますか、

最新技術に誰しも興味があるのはわかるんですが、
結局は、

業務を遂行するにあたって
その技術が最新である必要性はどこにあるのか。


ということかなと。

Domino→Exchange移行した後に
最新だからといって業務に適切とは限らないと気が付く
という悪い典型になってしまった企業様が何気に多いようで残念です。

何度でも言いますが、
Exchangeも業務に合っているのであればお勧めしたい
イイものですよ^^;

ただ、NotesIDの課金は結構お高いですが
その分保守工数とか開発工数がかなり抑えられるといいますか、
オールインワンでその値段だと考えてちゃんと計算すると
意外とお安いことになるのかもしれないですね。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-407.html

2014/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】フルスタックとシングルな専門職と

   ↑  2014/06/25 (水)  カテゴリー: 雑記
最近流行な言葉の「フルスタックエンジニア」。
経営を理解しつつかつUIデザインができたりとすべてがすべてにおいて優秀なエンジニアのことです。

超氷河期に就職活動していた身として言いたいことがあります。

今は「フルスタックエンジニア」が求められているかもしれないが、
それは不景気だから
だと。

就職活動で結構な苦労をしたがために
業界で求められる人物像へのアンテナは常に強かった自負がありまして、

超氷河期のときはやはり今と同じように
「総合力で」とか「すべてをできるひと」とか「何でもできる」
言っていたのですが、

少し景気が良くなったときに
周囲や業界誌は、

「これからは、すべてが万遍なくできるエンジニアよりも
それだけを専門職にしてきた人の時代だ」
と主張を展開し、求めていました。
(便宜上専門職といいます)

フルスタックは
ニーズにあわせてなんでもやりますよできますよ
という意味ももちろんありますが、

フルスタックは複数人でやることを一人でやるがために
フルスタック=お客様自身が企業規模を縮小する
専門職=お客様自身が企業規模を拡大する
という側面を持つため、

「これからの時代はフルスタックエンジニアの時代だ」
という言葉の裏側には、
「お客様(企業)は不景気です。これからずっとね。」
ということが透けてみえるので、少しうすら寒い気持ちです。


少しでも好景気になれば
今まで一つの技術だけを追い求めていた方にとっては追い風で
それはそれで強みではあるのですが、

今まで一つの技術だけを追い求めていた方にも
他の知識や経験に興味を持っていただけると
それはとってもうれしいなって。思うのです。

私自身はUIとかのデザイン大好きで経営系の大学出ていて
サーバ回りのことだけではなくプログラミングやSEまでさせていただけているがために
ほぼフルスタックに近くて業務もさっぱり困らないけれど、
それでもそれぞれの専門職にはいろいろな面で遠く及ばないため
普段から専門職の人を結構うらやましく思ってます^^;

が、それとこれとは話は別(笑)

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-404.html

2014/06/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。