FC2ブログ
 

LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

このページの記事目次 ( ← 2008年03月 → )

テキストフィールドの振る舞いに気をつける。

   ↑  2008/03/31 (月)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
■内容
フィールドに値を入れる方法によって型がかわるようです。

■詳細
フォーム上で@式のフォアグラウンドとかUI処理でテキストフィールドに数字を入れると
保存時にテキスト型になるようです。

[例]
@SetField( "FieldName" ; 2 )

しかし、LotusScript上でテキストフィールドに値を入れるときは
型を保持してしまうのです。
以下のような数字の代入をデバックして確認してみてください。
型を保持してしまうのがわかるとおもいます。

[例]
  doc.FieldName = 2

上記の例ではInteger型になります。
そうすると、次呼び出すときに

  if doc.FieldName( 0 ) = "" then

と呼び出した時に「型が一致しない」とエラーが発生してしまうし、

@TextToNumber( FieldName )
で、エラーになってしまい、
この場合は非表示式等であまりよろしくないことになります。
スポンサーサイト



(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-103.html

2008/03/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |