FC2ブログ
 

LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

このページの記事目次 ( ← 2009年01月 → )

バックグラウンドからフォアグラウンドに対し同期を取る。

   ↑  2009/01/24 (土)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
ビューや文書上(保存時や文書削除時)で使うことになる構文です。
バックエンドの処理をフォアグラウンド側に反映したい時に使用します。

Dim ws as New NotesUIWorkSpace
Call ws.ViewRefresh

ただし,ユーザ側からはリフレッシュされたようにみえますので,
出来る限り実行回数は減らしたほうが良いです。

一応明記しておきますが,UIクラスなのでWebでは使用できません。
WebでLotusScriptを使用する場合,エージェント実行となります。
Notesクライアントアクセスの場合,
先にNotesViewリフレッシュとかを挟まないと
ビューが更新されないとかいう制限もありますが,

Webの場合は,処理を実行後,
再度ビューURLを開くと既に更新されているはずです。
(つまり,必要が無いということです。)

とりあえず,Webでの画面更新処理はこちらです
スポンサーサイト



(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-163.html

2009/01/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |