FC2ブログ
 

LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

このページの記事目次 ( ← 2014年06月 → )

【雑記】Exchange→Dominoに移行するのは流行するか

   ↑  2014/06/30 (月)  カテゴリー: 雑記
2005年くらいからNotesがレガシーだとか古いからでExchangeに移行したお客様が
2013年くらいからちらほらNotes/Dominoに戻るという話を耳にするようになってきました。

IBMさんは企業様の手前あんまりそういう情報出さないから
Web上ではあまり情報がおちてないんですけどね。

IBMさんのお客さんは銀行とか請け負っていることすら機密なことが多くて
IBMさんがお客さま適用例をその適用会社の名前を出すことはかなりレアなんですが、
逆にMSさんはそうではないみたいでよく会社名付きでWeb上でみかけます。

Exchangeもサービスとして考えたときのシステム設計は悪くはないんですが
Notesがあまりにもなんでもできるので
Domino→Exchange移行プロジェクトは移行後に大炎上するみたいです。
(炎上しなかったプロジェクトの話きかないんですYO)

業務を効率よく昇華すると考えた時に
レガシーも悪くないし
古いのも悪くないといいますか、

最新技術に誰しも興味があるのはわかるんですが、
結局は、

業務を遂行するにあたって
その技術が最新である必要性はどこにあるのか。


ということかなと。

Domino→Exchange移行した後に
最新だからといって業務に適切とは限らないと気が付く
という悪い典型になってしまった企業様が何気に多いようで残念です。

何度でも言いますが、
Exchangeも業務に合っているのであればお勧めしたい
イイものですよ^^;

ただ、NotesIDの課金は結構お高いですが
その分保守工数とか開発工数がかなり抑えられるといいますか、
オールインワンでその値段だと考えてちゃんと計算すると
意外とお安いことになるのかもしれないですね。
スポンサーサイト



(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-407.html

2014/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |