LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

JavaScriptでフィールドの値を取得したい!(2) - JavaScriptでのフィールド値

   ↑  2008/04/05 (土)  カテゴリー: JavaScript/CSS
(1)でフィールドの取得をご説明しました。
(2)ではフィールドの種類によって値のとり方の一例をかいてみます。

他にもいろいろな方法があります。
それぞれで初心者さんが調べやすい方法での取得方法をかいてます。
(※通常は?の条件節を使ったりするので・・・)

●テキスト/日付/時刻/数値/作成者/名前/読者/リッチテキストなど
<textarea name="FieldName"></textarea>
<input name="FieldName" value="">
<input name="FieldName" type="hidden" value="">

doc = document.forms[0]
val = doc.FieldName.value

●ダイアログリスト/コンボボックス
<select name="FieldName"><option value=""></option></select>

    doc = document.forms[0]

'単数選択
val = doc.FieldName.options[doc.FieldName.selectedIndex].value

'複数選択
for( count = 0 ; count < doc.FieldName.length ; count ++ ){
if ( doc.FieldName[ count ].select ) {
val += doc.FieldName[ count ].value
}
}    

●チェック/ラジオ
<input type="checkbox" name="FieldName" value="">
<input type="radio" name="FieldName" value="">

' 複数/単数両方対応

doc = doc.forms[0]

if( doc.FieldName.length ){
for( count =0; count < doc.box01.length ; count++){
if( doc.FieldName[count].checked){
val += doc.FieldName[count].value
}
}
}else{
if(doc.FieldName.checked){
val = doc.FieldName.value
}
}
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-104.html

2008/04/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: JavaScriptでフィールドの値を取得したい!(2) - JavaScriptでのフィールド値

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。