LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

一方方向ではないプレゼンへの改善は?

   ↑  2008/07/19 (土)  カテゴリー: 雑記
プレゼンは一方方向ではあってはならない。

一方方向ではないプレゼンへの改善のコツは、
プレゼンターでも観客でもない視点を持つことだ。

コレだけを言うととても難しい。
まず手始めに他人の発表を客観的に観察できるようになることから初めてみるのはいかがだろうか。

たとえば、うまいといわれている人がやるときには遠く離れた入り口あたりに立って、
物理的に客観的に観察するようにする。

プレゼンターと観客の両方の動きを見ていると
プレゼンターが暗黙的にやっている工夫が
自然と五感で捉えられるようになるだろう。

相手の工夫を発見するために五感を鍛えることは、
いざプレゼンをするときに観客の無言の反応を拾う際に役に立つ。

ビデオで撮られたものを見るよりは
実際その場でみたほうがその場の雰囲気が肌で感じられ、
また、表情のちょっとした変化、指の先まで細かいこともみえるので
改めて発見出来ることも多いはずだ。

完全な観客にな場合でもプレゼンターの動きに注意を払って気づけるようになってくると
プレゼンが苦ではなく、楽しいものになってくることだろう。
みられてこそのプレゼンなのに、
見られることに慣れてない人だと見られてたじろぐのがまたそれが面白い。
プレゼンが得意といわれている外人でもたじろぐ人はたじろぎますw

ちょっと嫌な観客かもしれません^^;

ナニカご質問でも?といわれる可能性もあるので
観察する時は不満そう/不思議そうな表情はしないようにしましょう(笑)
(無理やりでも質問をこしらえておくのもいいかもしれませんねw)

時間配分とかテクニックとかは
観察できるようになったその次の段階じゃないですかねw
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-114.html

2008/07/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : ドラゴンフォースPS2版
この前の記事 : Java×Notes

Comment

コメントを投稿する 記事: 一方方向ではないプレゼンへの改善は?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : ドラゴンフォースPS2版
この前の記事 : Java×Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。