LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

不具合で一番怖いのは?

   ↑  2008/09/09 (火)  カテゴリー: 雑記
よく動きが止まることがダメだと言う話もきくのですが…
何の反応も無く正常に終わったかのように見える動きのほうがずっと怖いんですよ。

単体テストでも結合テストでも大丈夫だったのに
全体テストになったらいきなり値がおかしくなる、とか。

意外とよくある。

何かおかしかったらエラーを返してくれるほうがずっと良いと思います。
例外エラー処理って本当に大切だとおもう。(←Javaでいう例外)

想定されていないことが起きたらどうするのかということを考えてないから
止まったりすることを想定しないといけないとも言う。
しかし全ての想定を行うのは非常に困難だったりもする。

所詮、どこまで要件定義に金をかけられるか(=どれだけ時間を使えるか)だよなぁ
TVゲームのバグ技とかでもよくあるように、不具合だと分かっていても、
一応動きはするのであえてエンドユーザには公表しないことの方が実際多かったりする。
これは、「影響があまりに根深すぎるので仕方なく」という側面のほうが大きいです。

(最近はテストに時間を裂かないところが多いらしくて
本当に気がついてないことも大いにあるようですが(笑))

納期を延ばしてもらうとか、
このままにするのかとかの判断を
プログラマがしてると思ってる人も多いと思うんだけど、

実際のところ、納期っていうのは「個人」が勝手に伸ばしたりすることが出来ないものです。

まずは不具合内容を正確に把握し上位者に報告し(相談し)、
どうするかは上位者が判断して(最終的な業務決定権はプログラマやSEではない)、
そこから改めて必要ならば、関係者や客と対話する、とかそんな流れを行います。

そもそもが納期(=金が絡む)ので、
もし他社の関係者がいる場合は"契約の概念"が成り立っています。

「個人」が勝手に決められるものでもないし、
そうそうふらふらと変えられる仕組みでもないってことです。

納期を個人で勝手に変えたことで関係会社に金銭的損害が発生した場合、
下手すると架空請求とみられ背任行為にあたると判断されることもある。
ただし、ここでいう背任は"個人が会社の信頼を失墜させるという許されない行為"という意味での背任。
法律上でどの背任行為にあたるかという意味ではない。
(悪意のある場合図利加害目的と判断されることもないではないが)
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-143.html

2008/09/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 不具合で一番怖いのは?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。