LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】上手い技術書ってどんなのよ

   ↑  2009/11/12 (木)  カテゴリー: 雑記
和訳の技術書本って基本的に
日本語がおかしくて
読むだけで疲れるから
あんまし好きじゃないんですが,

説明がうまいなぁと感じるのは,
「日本語が…」とはまた別の話なようです。

日本語が多少おかしくても
説明を読ませる技術書ってあるんですよね。

じゃぁどんなのが上手いと感じるかというと。
図解が適度に入っているとか
ページ分け章分けがちゃんとしているとかも
もちろんあるんですけど

一番の要因は

一気に深くならず
基本的なことからスパイラルを描くように
戻りながら少しづつ難しいことを説明している
ってことのようなきがする。

基本から入るのは当然だとしても
基本から一本の線でかかれていて
適度に基本に戻りながら説明していあると
気づかないうちにものすごく詳しいことを理解できるなぁと。

素直にすべてを頭から読もうと思うとさすがに「くどい。」と感じるけど、
小説のような読み方をしない人間(一気に最初から馬鹿丁寧に読もうとしない)にとっては、
スパイラルに関連性が分かりやすいほうが,
理解しやすいと感じるわけですよ。

未だにこんなこだわりを持っているので,
中身だけ本屋さんでみて
ネットで買うとかそんなことを(笑)

ちょっとしたものでも技術書って1500円以上どころか3000円以上がざらですし,
会社の行き帰りでも,重いのはのーせんきゅーってことで。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-234.html

2009/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【雑記】上手い技術書ってどんなのよ

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。