LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】ネーミングと戦略と戦術と

   ↑  2009/11/27 (金)  カテゴリー: 雑記
人種差別用語のことを話してて

事実なのかどうかわからないので、都市伝説気味ですが
お菓子のオレオって最初オセロと命名しようとして
シェークスピアのオセロ(黒人と白人の話)から
人種差別になる~とかいわれてオレオになった

という話を思い出しまして。

もし、良いと思って付けた名前が差別用語デシタとかって
実は企業活動の中で結構あるんじゃないだろうかなーと思っています。
ただ、ブランドイメージが悪くなるのもあり、オープンにはされない領域ですよね。
あまり聞きません。

私自身、差別用語がTVやラジオで使われなくなったことで
差別用語をあまり知らない年齢なので
ネーミングをするときに知らずに差別用語を使ってそうなのが非常に非常に怖いです。
ブログとはいえ、発信する側にいるだけに、
知識だけでも身につけないとなぁと思います^^;

もちろん、
差別と区別はもちろん違いますよね。
男女の違いのように違うものは違うのですから。
その違いを生かすという意味では
ジェンダー(性差)の考え方が昔からあるわけですが、

近年は上手くいっている企業戦略の記事をみると
ジェンダーアプローチ的なものをよくみかけるような気がします。

歴史的なものを踏まえると
人間である→男女である→種族である
という流れになるのだろうかと少し思ったりもするので、

どんなアプローチ方法が最良かはその時代にならないとアレだけど

いつかは、日本人の誇りを!とかそんなのを
企業側か政治側が意図的に流行らそうとするんじゃないかなーw
と思ったりもするわけです。
(何度もやろうとして失敗しているようなきもしますが)
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-249.html

2009/11/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【雑記】ネーミングと戦略と戦術と

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。