LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【開発】複数環境に合わせるには?

   ↑  2009/12/18 (金)  カテゴリー: Notes(その他)
懇談室のこの質問について。

最初のNotes開発環境が何気に4.3と5と6.5と7とかそんな激しい混合環境だったので,
遅ばせながらこれは記事にかけるなと^^;

違うバージョン環境下では「下位互換」が確かに必要です。
(R5とv6とv6.5ならR5にあわせるということ)

●開発環境は?
途中でバージョンを切り替えると設計が壊れることがあります。
v6.0での開発ならv6.0に最初から最後まで統一したほうがいいです。
関数とかLotusScriptが
何が対応しているかが分からないのであれば,最初から最後までR5まで行うと楽です。

特にLotusScriptが使われているところがこわれるような気がします。
(おそらく文字の処理が異なる)

●@式
特に@式はバージョンにより増えたり減ったりしているので,
ヘルプを確認しつつやるしかないです。

基本動作であれば,
LotusScriptのほうがまだバージョンによる影響が少ないので,
LotusScriptで極力組んでおいたほうが実は楽です。

●LotusScript
何気にR5ではBoolean型がないので(笑),
関数の戻り値にBooleanを使いたい時はInteger型を使うようにします。

●その他
4.3とかR5からそれ以降に対応する時は設計が壊れる可能性が非情に高くて,
色々気をつけないといけませんが,

R6.0以降からその以降のものに移行するときは,まだ壊れにくいようなきがします。

実は,そのバージョンに対応したDBを0から作成した後,
4.3とかR5からデータを移行したほうが安全だったりもします。

最初からあるものなので設計の必要もありませんし,
対応して移行しようとするよりも工数が低くくなることもあったりして。

移行元のあまりにバージョンが低い場合は,
ご検討の一個に加えてくだされば幸いです。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-271.html

2009/12/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【Notes】【開発】複数環境に合わせるには?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。