LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【Web】ビューの選択文書を書き出す(HTML)

   ↑  2007/10/30 (火)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
選択文書を書き出す場合のLotusScript,WEBでも使用できるようなのを。
HTMLをExcelで強制ブラウジングさせる方法です。
VBAは使用しません。

■条件
・Excelは98以上
・Web上で使用します。

■ポイント
・エクセルの起動方法
HTTPヘッダー情報を2行付け加えることで
Excelで強制的にブラウジングするだけです。

例:Report.xlsを作成します
Print |content-type: application/vnd.ms-excel;charset=iso-2022-jp|
Print |content-disposition:attachment; filename=Report.xls|

例:Report.xlsにビューの内容を書き出す

Dim ses As New NotesSession
Dim db As NotesDatabase
Dim view As NotesView
Dim viewCol As NotesViewColumn
Dim viewEntryCol As NotesViewEntryCollection
Dim viewEntry As NotesViewEntry
Dim doc As NotesDocument
Dim strFormula As String
Dim strTmp As String
Dim varFormula As Variant

On Error GoTo Err_Handle

Set db = ses.CurrentDatabase
Set view = db.GetView("ExcelCreatedView")

'### viewに文書がない場合
Set viewEntryCol = view.AllEntries
If viewEntryCol.Count = 0 Then
Print|<SCRIPT Language="JavaScript">alert("出力対象がありません。");history.go(-1);</SCRIPT>|
Exit Sub
End If

'### viewに文書がある場合
Print |content-type: application/vnd.ms-excel;charset=iso-2022-jp|
Print |content-disposition:attachment; filename=Report.xls|
Print |<html>|
Print |<head>|
Print |<style>|
Print |* { mso-number-format:"\@"; } |
Print |</style>|
Print |</head>|

Print |<body>|
Print |<table border=1>|
' 列タイトル出力
Print |<tr>|
ForAll n In view.Columns
Set viewCol = n
Print |<td bgcolor="#ffe4b5">| + viewCol.Title + |</td>|
End ForAll
Print |</tr>|

Set viewEntry = viewEntryCol.GetFirstEntry
'Set doc = view.GetFirstDocument

While Not(viewEntry Is Nothing)
Print |<tr>|
ForAll n In viewEntry.ColumnValues
If IsArray(n) Then
strTmp = Join(n,", ")
Else
strTmp = n
End If
strFormula = |@ReplaceSubstring("| + strTmp + |";@NewLine;", ")|
varFormula = Evaluate(strFormula)
Print |<td>| + varFormula(0) + |</td>|
End ForAll
Print |</tr>|

'次のエントリへ
Set viewEntry = viewEntryCol.GetNextEntry(viewEntry)
'Set doc = view.GetNextDocument(doc)
Wend

Print |</table>|
Print |</body>|
Print |</html>|

Exit Sub

Err_Handle:
Print|<SCRIPT Language="JavaScript">alert("エラー:"| + Error + |");history.go(-1);</SCRIPT>|
Exit Sub
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-3.html

2007/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【Notes】【Web】ビューの選択文書を書き出す(HTML)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。