LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】てくテクに参加してきました

   ↑  2012/11/16 (金)  カテゴリー: 雑記
てくテクの後の懇親会でお店の方に一服盛られてちょっとひどい目にあいました(笑)
ご心配、ご迷惑をお掛けした関係各位には感謝を;

さてさて。

今回はまだ自学ではありますがxPagesを始めたことだし、
久しぶりに@guylockeさんにも会いたいなと、飛び込んでみました。
てくテクには初参加です。

色々な方と名刺交換が出来たのですが、
(今回は自分がめそ凹すね丸だとオープンにしてました)
@katomanさんと念願の名刺交換が出来たのが嬉しい限り。

何時もニアミスしつつ、
熱く眺めているだけだったもので、
うれしさもひとしお(笑)

さて、本題のテクてく Lotus 技術者夜会。

前半は
小峰さんの国際化の方法についてのセッションでした。

国際化の方法の手順は簡単にまとめると以下のとおり。
詳細は資料がアップされるとおもうのでそちら参照で。

1)アプリケーション・プロパティ->「XPages」タブ->
「ローカリゼーションを有効にする」 にチェックを入れる。
対応したい「言語」を選択する。
2)1)の操作を実行すると、1)で選択した言語ごとにプロパティファイルが作成される。
(静的な部分のみ)
3)動的な部分を手動でプロパティファイルを作成する。
4)プロパティファイルを翻訳者に渡し翻訳する。
5)翻訳されたプロパティファイルを適用する。
プロパティファイルを有効にするにはリビルドが必要。

どうローカライズされたxPagesを表示するかというと、
HTTPヘッダー情報から言語情報を抜き取り判断しているとのこと。

そして後半は、
・BoF: XPages の国際化および来年度の夜会について
・ハンズオン: XPages アプリケーションの国際化
の2つにわかれます。

本当はハンズオンに行きたかったのですが、
雑談にかまけていて行けずじまい(笑)
XPages の国際化および来年度の夜会についての方に参加しました。

まず、XPages の国際化についての復習があった後、
今後の活動についてのセッション。

私は、大きなデータを扱う場合の
・C/C++での対応方法例
・Javaでのアクセスお作法
とかを知りたいなと思いました。
どちらにせよAPIのお話になるかなとは思いますが。

他言語との連携が出来れば
Notesもぐっと幅が広がると思うのです。


そんな感じで終了後懇親会へ。
で、以下最初の2文に続くわけですw;
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-343.html

2012/11/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 【Notes】【xPages】参考サイト
この前の記事 : 【Notes】Notes9.0登場

Comment

コメントを投稿する 記事: 【Notes】てくテクに参加してきました

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【Notes】【xPages】参考サイト
この前の記事 : 【Notes】Notes9.0登場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。