LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】SDK導入のメリット

   ↑  2014/01/23 (木)  カテゴリー: Notes(その他)
テクてくの雑談

SDKのメリットが見えないと言われたので、
導入のメリット面を少しだけ解説してみます。

SDK導入のメリットは、
最近流行のSOA的に複数のWebサービス同士をつなぎ合わせて
アプリケーションやサービスを構築できるようになりますよ、
ということです。

今現在、システムがWebサービス化していない場合でも、
何かしらの通信技術を使ってファイルの受け渡しをしています。

そこの通信技術をHTTPサービスに統一(SOAPやREST)してしまうことで
今よりずっと管理が楽になるよ、
ということなのです。


実は、Webサービスという単語に一般の人が思うイメージと
提供側(SIer)や基盤系技術者が思うことにかなりの乖離があって、

提供側がWebサービスって言っている場合は、
さまざまなプラットフォーム上で動作する、
異なるソフトウェア同士が相互運用するための標準的な手段を提供するものですよ
(プロトコル(通信方式等)を統一することによる利便性)
ということですが、

提供側以外は
ユーザとしてしかみえていないことから、
単なる提供されたゲームのようなサービスのことだったり
ソーシャル化特化しているサービスだったりして、

SIerがWebサービス、Webサービスと連呼しているだけでは、
公開しているサービス面しか見えていない
基盤系技術に触れる機会がない開発者にとっては、

これは社外秘だからからとか、公開できないサービスだからと
あまり利便性は感じられない、というよりも、
Web公開だから一般の人にハッキング食らうから害悪だろ?
という認識になってしまっているのが現状のようです。

SIerも最近ユーザーにあわせてソーシャル押ししてますから、当然なんですが。

と、以上が簡単な解説です。
ここの認識の誤差を含めてちゃんと説明しようと思うと結構たいへんなので、
説明しなければならない時は毎回思い悩む範囲です。

気になった方は検索してみて、
実際の技術の話を読んでみることをおすすめします。


元々、SDKといいますか、Webサービス化って、
SOA的な考え方を持って基盤を持っているIT系の企業にとっては
管理費用の削減以外と基盤移行コストの両天秤なので
結果的にメリットがあまり感じられなくて
滅多に移行への決断をしないのではないでしょうか。

個人的には技術的に興味深い領域ですが、
お客様先提供サービス以外の(IT企業内)のSEやPGにとって
ますます馴染みのない技術領域となってしまっていくだろうことが残念な限りです。

※SOA(サービス指向アーキテクチャ)
業務上の一処理に相当するソフトウェアの機能をサービスと見立て、
そのサービスをネットワーク上で連携させてシステムの全体を構築していくという考え方。

※SOAP
HTTPプロトコル規格
XMLにもとづいていて、メッセージ(オブジェクト)を投げ合う。
投げ合いのための相互にメッセージ交換のパターンを確立するための雛型を持っている。

※REST
HTTPプロトコル規格
メッセージ交換のパターンを確立するための雛型を持っていない。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-364.html

2014/01/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【Notes】SDK導入のメリット

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。