LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【JavaScript】関数の中にある:(コロン)は何者だ?

   ↑  2013/05/10 (金)  カテゴリー: JavaScript/CSS
結論から言えば連想配列です。

JavaScrpiptの連想配列は
var ary = { hoge : "hogehoge" , notes : "123" };
といった記載方法をします。

さらに、100とか"aaa"とかtrueとかの値だけでも
一つの文として認識させることができます。
(文と式では意味が違うのですがここでは省略します)

よって、

function(){
var x = 100;
var y = 200;
var z = function(){};
}

は、

function(){
x: 100;
y: 200;
z: function(){};
}

でも同じ意味となります。

ここで、カンのよい方なら
既にお気づきかと思いますが、

少し応用して、
こんな関数にすると、

funtion infunc( obj ){
alert( obj.id );
alert( obj.name );
}


こんな形で呼び出すことができるようになります。
infunc( { 'id' : '20140702' , 'name' : 'mesosune' } );

さらに
即時関数の引数として連想配列をもってきて、
(funtion(obj){ alert( obj.id + obj.name) }; )({ 'id' : '20140702' , 'name' : 'mesosune' })
とすることができたりします。

ちなみに、
引数としてその変数が
指定されているかを確認するには
単純にbooleanで検知できます。

funtion infunc( obj ){
if ( obj.id ){ alert( obj.id ) } ;
if ( obj.name ){ alert( obj.name ) } ;
}


今回なぜこの話をするかといいますと、
JavaScriptは変数名や関数名の衝突を起こしやすいためであり、
JavaScriptを使用する場合は知っておいていただきたいためです。

↓名前衝突について詳しくはこちら

javascript - ブログパーツ/ウィジェット開発者におねがい
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51554037.html
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-405.html

2013/05/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【JavaScript】関数の中にある:(コロン)は何者だ?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。