LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【雑記】テクてくに参加してきました

   ↑  2015/03/12 (木)  カテゴリー: 雑記
まさかいまさら迷うとは(笑)
はい、今回は完全に遅刻しました。

IBMのイノベーションセンターが3月末で閉鎖とのことで、
テクてくが渋谷で行われるのは最終回となります。



入り口で頂いたお茶は
色がイエローなジャスミン茶(笑)

ごちそうさまです。

さて、今回は書くことがたくさんありまして
さくさくと進行させていただきます。

BluemixにNotesDBが対応するとのことで
All技術系の話のようにみえてコードは一切かかない「入門編」でした。

今回は3人いた講師の方が説明していた時系列とおりに記載していると
どうしても収まりきらないため、いつもより増して超絶省略しながら記載します。
(毎回いっぱい説明して頂くのに、本当に申し訳ない^^;)

まずはBluemixについて少しだけ。

Bluemixとはオープンソースの「CloudFoundry」を基盤とした
アプリケーション実行環境やデータベースなどをサービスとしてIBM社が提供する、
PaaS(Patform as a Service)で、
http://www.ibm.com/developerworks/jp/bluemix/

PaaSの定義の通り、
ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームをIBM側で構築、管理し、
インターネット経由して提供されるサービスが
「すでに出来上がったシステムの何か」ではなく
「実行環境そのもの」であるところが技術者としては面白いなと思うところです。

プラットフォームというべきホスト(OSといった方がわかりやすいのかな?)の部分は
すでにIT業界では色々と噂になっているSoftLayerです。
詳細を記載し始めると細かくなりすぎるので割愛します。
(またどこかのタイミングでネタにします)

実のところ、IBM以外の企業も色々な開発向けサービスを出し始めているのですが、
まだシェアが確定するところまでは至っておらず、
2015年度はそのシェアの奪い合いになると思われる、
という話も講師の方からでていました。

自分で環境を作らなくて良いということは、
Open時などの一時的なアクセス増加のためだけに
機材費を見積もらなくても良いという点が利点で、

さらに、Bluemixは後から機能拡張を使用とした時に
追加料金となる項目が少ない(ほぼ最初からAllInOne)も特徴の一つとしてもっています。

(業務で使用するには結果的に安くすむのでしょうが、一般の人が興味本位で参加するには少しお値段がお高いのでハードルが^^;)

また、BluemixはIBM社が戦略的に開発をすすめている「ワトソン」のAPIもいち早く対応している(対応してくる)、
という点も利点でしょう。

このワトソンは、データを解釈し蓄積するという動きを特徴としてもっており、
ビックデータを活用するにあたってはなくてはならないような
一つの技術カテゴリに今後なっていくのではないかと。

講師の方が提示したワトソンのデモサンプルは
ツイッター上でのポジティブ/ネガティブ、
画像を読み取り(何%の確率でコレではないかと提示する)
の2つでした。

Bluemixにはワトソン以外にも色々なAPIが色々提供されていまして、
ワトソンの画像特定と同じようなAPIが紹介されていましたが、
提供されるAPIによって同じ機能を謳っていたとしても
多少誤差がある(何を優先しているかが違う)とのことです。

ワトソンの画像解析APIでは画像のトラに
Tiger の 次に高い確率が Wild Cat だったり、
Food がなにげに高くでていたり(笑)、
蓄積データにそういうのがあったのでしょうが、
かなり面白かったです。

が、英語は低コンテキストであるため、ほぼ対応できているようですが
高コンテキストな日本語対応には未熟さがあり
まだまだ学習させている最中とのことです。
(公式ニュースでは始めましたが正式発表されたのが2015/2/19なので本当についこの間。)

だいぶ脱線しましたので戻しまして、
BluemixでNotesDB(ネィティブコードまたはxPages)が動き、
かつ、
Bluemixでワトソンが動く、ということは、

言い方を変えれば
Bluemixを通じてNotesDB(ネィティブコードまたはxPages)が
ワトソンに対応することができるようになったということですが、

IT系のニュースをよく見ている人がすごく反応するように記載すると、
ソフトレイヤー上でBluemixが動いていてそれを使うとNotesがワトソンに対応できるよ、
ということになり、

もうすこしわかりやすく書けば、
「Notes で あの ワトソンが 動くよ!」
ということになります。

Bluemixを使用した実際のNotes開発作業は、

NotesDBを、最初にBluemix側で自動作成するか、
ローカルのファイルをアップするかを選択し、

自動作成した場合は、
cfコマンドを用いてBluemix上からダウンロードしたDBをローカルで編集し、

cfコマンドでアップするという作業にの流れになります。

ただ、Notesの最大の売りであるともいえるACLに対応しておらず、
今後共対応する予定はないとのことで、非常に残念といいますか、

個人的な感想だと、
立ち位置的には、多少高度なことができるホームページビルダー扱いにならないか?
というところではあります。
(所詮はACLの仕組みをつくればいいだけですけど。)

技術編の内容は以上。
その後は、皆で最後だからと記念撮影したり等。

あの18Fからのとてもきれいな夜景とも今日で最後とはと、とても感慨深かったです。

今現在Notesのお仕事をしていませんから、
あんまり参加できていませんでしたけどね!


技術会の後は懇親会という名の飲みでした。

IBMの有力者ら(かなりイケてるダンディなメンズ)に
前と右を固められてものすごくぎこちなかった自信があります。HAHAHA

一緒に飲むなら断然若い子より年上だと普段から思っているのですが、
いやー、もう。何というか、素敵すぎてあがってしまってお酌することすらできなんだ(^^;)私の馬鹿。


この店とも最後ですねーという話と共に、次回と今後の話をしていたところ、
4月はテクてくは開催しないとのことですが、

5月はもしかしたら大阪とかの地方かもしれないとのこと。

有力で熱心なユーザの企業様が多い長野とか、九州とか、
おそらく今からわかりやすく主張しておくと良いことがあるかもしれません。

もしお住まいのところにテクてくが来たら
私の代わりにどういう話があったか情報発信をお願いします!

以上、今回も略略で申し訳ないです。
そんなかんじでー。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-432.html

2015/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【雑記】テクてくに参加してきました

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。