LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

知っているとほんの少し幸せになれるLotusNotesテクニック-2

   ↑  2008/03/15 (土)  カテゴリー: Notes(その他)
今回は何故か使う人が少ない「with」構文。

あらかじめwith文で予約しておくことで、
それに続く文の間では、親オブジェクトの名前を省略することが出来る便利なヤツです。

VBの仕様なので、LotusScriptやVBAで使用できます。
JavaScriptもこの仕様を引き継いでいます。

使う人が少ないので、知ってる人も必然的に少ないのだろうってことで載せてみます。
たとえば、

doc.AAAAA = coldoc.ddddd(0)
doc.BBBBB = coldoc.sssss(0)
doc.CCCCC = "1"

とかは

With doc
.AAAAA = coldoc.ddddd(0)
.BBBBB = coldoc.sssss(0)
.CCCCC = "1"
end With

とかけます。
どこの処理を行っているかが一目瞭然になるので、
使い方によっては可視性もあがるとおもいます。
いかがでしょうか。

●JavaScriptの場合
VBから仕様が引き継がれているため、使用できます。
少し書き方が違うので注意。

document.write( Math.ceil(10.5) ); // 小数点切り上げの値を表示
document.write( Math.PI );

  ↓

With ( Math ){
document.write( ceil(10.5) ); // 小数点切り上げの値を表示
document.write( PI );
}
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-69.html

2008/03/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : DBのURLを取得するJavaScript
この前の記事 : DominoWEBの携帯対応?

Comment

コメントを投稿する 記事: 知っているとほんの少し幸せになれるLotusNotesテクニック-2

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : DBのURLを取得するJavaScript
この前の記事 : DominoWEBの携帯対応?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。