LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

フォアグラウンドとバックグラウンド

   ↑  2008/03/22 (土)  カテゴリー: Notes(その他)
■両方とも処理方法についてを言ってる
■フロントエンド←反対語→バックエンド
■バックエンド:ユーザー側を一切見ない
■フロントエンド:ユーザー側をいちいち見ながら

たまにフロントエンドやバックエンドひとことのみで
・フロントエンド=ユーザー使用環境
・バックエンド=サーバー
と示すこともあるので間違えやすいのですけど、

「プログラムがサーバーで動くとバックエンドだ」とはいえません。
両方とも「サーバーで動く」こともあるので、
一概に「サーバーで動くからバックエンドだ」とはいえないのです。

@式はひとつの式でサーバー側でも処理をしてくれるフロントエンド&バックエンドな形が多いですが、
Webで本当に使用できないものはフロントエンドの可能性があります。
(@式はフロントエンドとバックエンドで動きが違うものも多い!)

LotusScriptのUI型はすべてフロントエンドです。

そこで、じゃぁなぜNotesではなくWebブラウザを使ってDBにアクセスする場合
UIクラスとかのフロントエンドが使用できないんだろう?
っていう疑問が涌くと思います。

それは、
Notesクライアントは自身の実行環境からUIクラスやフロントエンド型の処理を動かしていますが、
WebブラウザはDBから送られてきたHTML情報を"単純に表示しているだけだから"です。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-77.html

2008/03/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: フォアグラウンドとバックグラウンド

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。