LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

要件定義とコーディング。

   ↑  2008/03/23 (日)  カテゴリー: 雑記
いろいろな開発技法がこの世の中にはありますが、
どの開発技法でも要件定義をせずにコーディングすることはできません。

要件定義をせずにコーディングを始めるということは
たとえるなら、籠の形も籠の中に入れるモノも、そもそも籠なのか?
という状態で進めるということなのですから。

単純に何がどのように必要なのだと定義するだけではなく、
プロジェクトチーム内でどれだけ共通意識として浸透させることができるかということもプロジェクトが成功する鍵だったりします。
それでも何かしらの都合につき、
コーディングをしながら要件定義をするこということもあるかもしれません。

そういう時は大概、
"すぐにかわる要件定義にお金をかけるのが馬鹿らしい"
という人がプロジェクトにかかわっているのです(笑)

ぶれないところまで要件定義すると
手戻しの発生が減るので、コーディングも短時間になるんだけど
そんな現場の予算なんて考えてくれません。
もちろん現場がどうなろうがしったこっちゃありませんし。
責任なんて負ってもくれません。
何度失敗しようが何度でも繰り返します。
そんなもんです。

そういう人の存在に気がついてしまった場合は
目を閉じてよく耳を澄ませ、近い未来でデスマーチが鳴り始め、迫りくるのを感じてください。


ご愁傷様です。


要件定義を決めているあいだは、
コーディングする人間はいりませんし
結局は一番安くて安全に良いものができるんですけどネ。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-78.html

2008/03/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 要件定義とコーディング。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。