LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

文系のSEの強み?

   ↑  2008/04/02 (水)  カテゴリー: 雑記
文系出身者は文章から書いた人がどのように考えてこの文章にしたのかというのを腐るほどやってきています。

つまり、ある程度技術力がついてくると、
前に組んだ人がどのように考えてこのアルゴリズムにしているのか
なぜこの人はコレを提唱しているのか
というのを何を教えることも無くできるようになり、自然とそう考えて糸口を探しています。

たとえば、なんでもかんでも他人の責任にする俗に言う「ダメSE」が
同じようなことを言っていたとしても
内容に少し耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

文系は
「前任者の気持ちが読み取れない/気持ちがわからない」
といっている傾向があります。

それに比較して理系は
「前任者はどうしてこう組んだのか/どうしてかが分からない」
と考える傾向にあるように思います。

「自分の力量が足りないから読み解けないのだ」=リバースエンジニアリングができるほどの技能が無い
といういきつくだろう結論は同じだとしても
「何を」理解することに重きをおくのが少々違うようです。
しかし、それは、まったくもって悪いことではありません。
視点が違うことは喜ぶべきことなのですから。
文系SEが成長すると理系SEより強くなることがあるっていうのは、
理系SEの心理状況とかもトータルして読み始めるところにあるんじゃないかな。と。

理系SEももまれていくうちに
人の心についてを意識していくと思うので、
最終的には「どっち出身でも関係ない」ってことになるんだろうけど。

現状に慢心していてはどっち出身でもまさに「関係ない」んだろうねーw
大抵そういう人は心底周囲を見下して慢心しているので、
往々にして威張り倒して偉そうにみえるんだよね。

そういう方の台頭を許してしまう職場だと
仕事のできない人ほど威張るという職場になっています(笑)


何の理由があろうが、仕事しねーのは論外なんだけどさw


一度胸に手を置いて考えてから、
まわりを見回してみるのはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-98.html

2008/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 文系のSEの強み?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。