FC2ブログ
 

LotusNotesな日々IBM社のLotusNotesに関係する何かを日々語ってるようなきがしないでもないブログです。 

このページの記事目次 (カテゴリー: Notes(LotusScript)

← 前のページ  total 8 pages  次のページ →  

【LotusScript】トンチをプログラムで解こう(その2)

   ↑  2010/01/07 (木)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
この問題を解くためのに必要なパーツは,

(1)文字カウント
(2)0~9の文字カウント用ループ
(3)何回も繰り返す有限ループ(抜ける条件:前のループ時と代わりが無いことを正解とする)

です。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-279.html

2010/01/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【LotusScript】音を鳴らす。

   ↑  2009/11/25 (水)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
BGMとかの音ではなく、
Windowsのデフォルト危険音(ビープ音)のほう。
下手にテスト中に使うと周囲に注目されちゃいます^^;

今日も安直。

Beep

と記載するだけ。
簡単。

エージェントとか長時間処理がかかるものの最後にはさむとかするといいかも。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-247.html

2009/11/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【LotusScript】ユーザによってDBを開いた時に表示されるナビゲートを変更する

   ↑  2009/11/24 (火)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
色々方法はあるのですが、
一番安直なDBを開いたときに判定させる方法。

(追記 2009/11/26)
ひぃwww
中途半端な記事になってたのに気付かなかったw;
ごめんなさいごめんなさい

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-246.html

2009/11/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【LotusScript】NotesViewEntryCollectionが間違える

   ↑  2009/11/18 (水)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
懇談室にあった質問に返答しようにも
情報が日本語じゃないので上手く返答できないという(笑)

すみませんごめんなさい全部読み解けていませんw;
NotesViewEntryCollectionを使う時にまともに情報を取得しないときがあるよって話のようです。

▼LotusScript NotesViewEntryCollection class does not work as expected(IBM)
リンク先

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-240.html

2009/11/18 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【Notes】【LotusScript】現行のスレッドの情報を返す

   ↑  2009/11/17 (火)  カテゴリー: Notes(LotusScript)
現在のUAの情報を返すGetthreadinfo関数(戻り値はVariantなので注意)
エラー処理などで重宝します。

Getthreadinfo(LSI_THREAD_PROC):現在のプロシージャの名前
Getthreadinfo(LSI_THREAD_MODULE):現在のモジュールの名前
Getthreadinfo(LSI_THREAD_VERSION):LotusScript のバージョン番号
Getthreadinfo(LSI_THREAD_CALLPROC):呼び出しプロシージャ名
Getthreadinfo(LSI_THREAD_CALLMODULE):呼び出しモジュール名

LSI_…はLSI定数。
LSPRVAL.LSSで定義されている。

(記事編集) http://mesosune.blog123.fc2.com/blog-entry-239.html

2009/11/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |